ダイエットについにアプリを使った

万年ダイエッターとスマホアプリ

私は現在56.5kg。身長は156cm。
一般的には、まぁ割と残念な体型の部類に入る。
学生の時から肥満児として幅(主に横の)をきかせてきたが、
実は当時より今の方が断然スマートなのだ。
ここまで来るには運動に食事制限、若さに任せて結構な無茶をした。
でも、そんな無謀なダイエットが成功するわけはなく、
体重が減っては増え、気を抜くと更に増え…気付けばアラフォー、
そしてすっかりスマホ依存で暇さえあればスマホいじりばかりするようになっていた。

 

今年の夏、62kgになった時は流石に焦った。
大変だ、何とかしなければ。
しかし流石依存症。私は手にしたスマホで必死にダイエットに効果的なアプリを探した。
手帳アプリで予定を、付箋アプリでToDoを、
アラームアプリでパズドラ 魔法石の管理していた私は、ダイエットも管理しようと考えた。
ジム通いも始めたが、食事制限の面も考慮したい。
そこで見付けたのが、食事の写真を撮るだけのアプリ。

 

毎日食べる前にパシャリ。朝昼晩の食事の写真を見ると、自ずと間食しなくなった。
写真に残すだけなのに凄い効果だ。
更に、体重と体脂肪率を入力してグラフ化するアプリ。
これが地味ながら結構な威力を発揮。数値を入力すると
Twitterに投稿出来るのだ。勿論ボタンをタップするだけ。ずぼらな私も楽々だ。
ゲーム感覚でダイエットできるとはいい時代だ。

 

このアプリ達を使い始めて3ヶ月弱。見事6kg落ちた。
これがパソコンでの記録や、手帳に手書きなら絶対続かなかっただろう。
だって私は三国一のものぐさなのだから。
これも、相性ぴったりのスマホアプリを探し出した私の執念の賜物だろうか。
いやいや、あと5kg落としてから胸を張ることにしよう。
スマホ大好きなダイエッターなら、何は無くともまずスマホアプリを探すところに成功の鍵が眠っているのかもしれない。